勝ち馬券のヒント

競馬は勝ち馬券でないと紙くず。勝ち馬券には理由がある。見るべきとこを見れる者だけが勝ち馬券を掴める。

昨日の帝王賞は社台チーム戦にやられた!
インティー殺し作戦があそこまでやられたら、つられてチュウワもインティマークでまんまとオメガにチーム戦で負けたことになる。恐るべし社台のチーム戦。
社台のオールが無理矢理行ってインティマークでハイペースかと思いきや、ダメな場合の第2の矢のシュテルを行かせてハイペースに持ち込む作戦もあったとは・・・
そこまで読みがたらなかったのが敗戦の理由。

切り替えてCBCを考える。
人気;1~4番人気が8割連対も7~13番人気も6回連対とハンデ戦らしい戦績。
指数:1~6位9割連対
重量:54~58kとあまり関係ない
年齢:5.6歳中心+牝馬は6頭。
前走着順:1~6着
前走:あまり固定してないが安土・高松・・・
4角:これもばらばらで7~15番+1~3番展開による

追い切り:2w続けていいのから:ビップ:1wいいのはアヴィ・ショウナン・セイウン・レッドアレス
重:ビップ。セイウン・ショウナン

今の時点での軸候補はA追い切りもいいし馬場適性もあり狙い目。
もう1頭はB追い切りもいいしこちらも馬場適性ありと狙い目

A
B

ラジオ日経賞の今年のポイントは馬場ですね!
過去良馬場ばかりで重のデータがなく、今年は雨予報でどこまで馬場が渋るか&対応できる馬の選択が難しそう。

良だと4角先行勢が毎年絡んでるし人気も1~3番人気8割で来てる。
指数も1~4位が70%の単率&90%の連率。
6~8位もほどよく連に来てるし複では7~16位まで幅広く絡んで3連係は荒れる傾向にある。

前レースでは白百合組の連が目立ち40%の確立(レッド・ヒルノ)
それ以外では500万組も高確率で絡んでる(ゴー・ボル)
着順では基本1~4着以内
枠は1~3枠の先行有利。
牝馬の連は1頭のみ。

追い切りはかなりの馬が調子が良く好追い切り続出で波乱の予感。
特にいいのが牝馬のレッドは2w連続でCWを長めからナリで11秒台と責めはもともと動くが、今回は連続長めからナリで4F50秒割れ(1w前)と素晴らしい時計で切れが出てきてるので要注目馬。

ブレイキングが直前でしっかり負荷をかけてCW長めから79-12,1一杯とベスト。この馬は重で走るので要注意。

ディキシーも坂で好時計だがこちらは重は得意ではなさそうな感じ。
ダディも1w前に好時計&ゴーも2w連続でしっかり追われてて好時計&サヴォも2w連続で好時計。
ヒシは1w前に好時計でデムーロが福島まで乗りに来るのは勝算があるからか!。
ヒルノは1前にCWで79,3-11,6一杯と負荷をかけてきた。
ボルも2w連続で好時計

今の段階で軸候補はA
追い切りもいいし前走は逃げずに先行して伸びたのと距離もいいし牝馬でも狙いたくなる出来。後は重馬場次第か!
もう1頭はB
重馬場を見方に上がってきそうで責めも負荷をかけてきてるのでペースが上がれば差しが届きそう。

A
B

あまり地方の重賞は買ってなく去年の東京大賞典を3連単1点で仕留めた程度。

今回堅く収まりそうなので良馬場なら人気通りでしょう
重だと人気薄も可能性があると思ってましたが・・・
このまま良馬場のままだといかに無駄なく買えるかにかかります。

展開は7番&9番のどちらかが逃げてその後ろにインティ。
それを見ながら1&5番が仕掛けどこを探る展開ですね。

インティは外枠はプラスで無理に行かなくても番手でいつ先頭に立つかのタイミングを待つばかり。
ただペースが緩むとは考えづらくそれなりのペースで流れると、インティも先頭に立つまでに足を使うので最後にどれだけの足が残るか。ここに付きます。

これが重馬場だと多分残る可能性が高くそして先行した人気薄の馬も残る可能性もあります。
良だとさすがに差されることもあると見てます。

買い目
枠連:1-7
3連単:1-11-5+11-1-5+1-5-11(押さえ:1-11-A・B+11-1-A・B)
本線は1-11-5を厚めに買いたいと思います。
枠連は馬連よりオッズが高いので抑え程度に。
指数でも1&11は買いマークがでてるのでどちらかが勝つと見てます。


重だと11-1-5+11-1-A+1-11-A

Aは地方の逃げ馬だが東京大賞典6着で4着と0,1秒差と3着の可能性もある+馬場が重くなればハイペースで逃げるので前残りも充分ありえる。

Bはもともと力はあり外枠なら自在に動ける+川崎記念ではケイティを抑えて勝ってるだけに押さえは必要。3ヶ月空いてるので体調次第。

A
B

↑このページのトップヘ