勝ち馬券のヒント

競馬は勝ち馬券でないと紙くず。勝ち馬券には理由がある。見るべきとこを見れる者だけが勝ち馬券を掴める。

ウイン5候補

中京10R(5点程度)
1・2・3・4・6・9・10
中山10R(1~2点)
6・1・11
小倉11R(6点程度)
1・5・6・8・10・12・14
中京11R(1~2点)
6・9・11
中山11R(5店程度)
1・2・4・8・9・10・12
計300点の予定

中京10Rは先行馬狙い
中山10Rは本来ならアメリカ1点の予定だったが、土曜の中山ダートが重のわりに時計が速くない。
なので差し馬を足すことに。
小倉11Rは逃げではなく差しが決まってるのでリネンが残れないと差しが来るとみて持ち時計も入れて多めに。
中京11Rはインティが残る確率は高いので1点でいいと思う。出遅れなければ・・・
中山11Rは馬場も悪く外枠に先行馬が揃い内~中枠の好位差し狙いもアリスには不安要素あるので多めに。



中京11R
インティから3連単流しでいいのでは相手は手広くも穴狙いはD馬。
相手は1・D・9・10・11・12・13・15
ワイド6-D・12

中山11R
狙いはC馬で重馬場がどこまで響くは微妙だが枠も追い切りもよく昨年よりは上にくると見ます。
サトノと迷いましたが1番はずっと荒れた内の馬場を通るし外に出せるかが微妙でC馬軸に。
相手は手広く3連複
1・2・4・6・9・10・12
ワイドはCーサトノ・サン・ベストかステイ

CD

「競馬最強の法則WEB」無料会員を募集してます興味がある方は↓↓

アメリカJCC

一番気になる馬はルメールのアリス
なんだかんだ言っても勝ちに導くのがルメールだが、それには馬自身の状態が鍵を握る
最終追い切りでもいつもと違い騎手が乗ってもラスト13秒台を一杯に追って。
普段はナリで12秒台前半を出すのに今回は追って13秒は遅い。
人気はするがそこまで信頼できない。

重は適正もわからず相手まででいいのでは。

唯一中山重で勝ってるのがサトノ
追い切りはナリで坂51秒台の上がり12秒前半
因みに坂で追い切ったときは3戦3勝
しかしwと併用で坂が多かったので休み明け太目の心配も多少あるが、馬場適正はあるので後は1番からうまく捌けるかで外枠よりプラス。

ヴェルトの追い切りはラスト11秒台といつも通りの時計だが反応が少し鈍い
馬場は向きそうでどこまで差してくるか

ウインは牝馬で牝馬は3着すらなく重に外枠だとマイナス

モズはまだいい時の状態までなくいい時は坂ラスト12秒前半を1w前と直前も出すが。今回は一杯で12.8と反応が鈍い。

狙いたいのはC馬
追い切りは1w前にwでしっかり負荷をかけ直前はPでも前走並みに追い切られ、いかにも調子がいいと判断。昨年はヤ重でアクシデントで一番被害をこうむるも大外を回して3着ならスムーズだと更に。
問題は重馬場にどこまで対応できるかに尽きるが。

ステイも休み明け&重でも走るが良くて2・3着争いまで。

もう1頭はサンで追い切りではベストを出してきた。
距離はぴったりで後は展開が嵌れば。

軸は馬場の確認してからだが勝てる可能性があるのは、サトノ・Cを中心に考えたい。

先週の新春杯でも人気のアドマイヤ・ヴェロ・ダイワをばっさり切りヒモ程度にして、狙いはサンレイとショウリュウを推薦したが惜しくも1・4着と惜敗も2着のミスも押さえてただけに痛恨の結果になったが狙いは当たってる。

日曜はウイン5をやるので重賞は軽くにします。


東海は正直インティもそこまでいいとは思えないが、それを上回る馬がいない。
狙ってたオーヴェの追い切りがいつもと違い遅く、これではインティを負かすのは厳しくダノンもいいが負かすにはちょっと早いかな。

そうなると相手探しで馬場&時計&枠+ポジションで3~5頭に絞れそう。
穴はDでまったく人気はないが前走からホライゾネットで集中して走れるようになり、交流重賞で3着。
時計の裏付けはないが逃げれれば馬場を味方に3着あるかも。

他ではアナザー&グレートを狙いたい。
この3頭のワイドでもいいのでは。

CD

「競馬最強の法則WEB」無料会員を募集してます興味がある方は↓↓

東海S

当日は重かヤ重なら逃げ先行断然有利
それでなくても中京開催7回中4回が1・2番手が勝ってる

インティは一枚上はわかりきった事も明らかに叩きで出来次第も取りこぼしはある
狙える馬はB馬で不良で35.6-35.9の1.489、上がり5位で3番手~押し切った。
特に重・不良だと下級条件でも2着以下なし。
前走で負かした馬は東京大賞典
6着も3着ウエスタンとは0.1秒差でレースレベルもまずますで勢いがあるのでチャンスはある。

インティかB馬が最も勝ちに近い馬
他に先行馬はいるので枠と展開次第も持ち時計は重要な要素になる

追い込みでハナズもいるが相当な脚を使わないと差し切れないので先行~好位勢を狙うのがベスト。

枠は4・5枠の好走率が高く逆に8枠は逃げ以外絶望的

B

「競馬最強の法則WEB」無料会員を募集してます興味がある方は↓↓

↑このページのトップヘ