勝ち馬券のヒント

競馬は勝ち馬券でないと紙くず。勝ち馬券には理由がある。見るべきとこを見れる者だけが勝ち馬券を掴める。

今回軸に推したビターは4着惜敗も少し重かった。
ビュッフェは前走とその前のレースレベルが低いとブログに書いた通りの結果に。
追い切りが良かったので行けるのではと思って3連複2頭軸にしたが、やはりあれが実力だった。

1番はレースレベルは低いがスローでのあの末脚は脅威とブログでも書いて穴で狙ってたが、まさか勝つとは!
前走は時計も遅く参考にはならないが超スローで前残りを1頭違う足で余裕で差し切ったのを見て、3歳離れしてるので今の中山には合うと踏んで穴推薦しました。

ゼノも前走は強かったが、追い切りがしまいかかってて良くは見えず。当日馬体重も大幅マイナスで切りました。
この時期は食べたものが実になるので基本+体重になるのが普通でマイナス過ぎると体調が良くない証拠で、逆に+過ぎると重めが残る又は体が付いてこないので最終判断はそこを見ないとお金を使えないので推薦した馬連BOXで購入。

新春杯のモズみたいにしっかり負荷をかけても+体重だとしっかり実になってるので体調がいいと言うことになります。

逆にタイセイは追い切り不足でのプラス体重だと重いのでやはり末脚が鈍ることになる。
レッドジェニはやはりあの追い切りでは厳しかった。
メロディは49kでも今の馬場は合わなかった。
アフリカは外過ぎるのと追い切りもぱっとしなかった。
サトノは最初は軸にしようかと思ったが55kは小柄な牝馬にはきついし馬場も合わない。

結局モズがすべてプラスに働くとみて軸でタイセイがあそこまでプラス体重でなければ2頭軸で行きましたが、結局上位馬に不安要素が多く1頭軸から流しの3連複に変更で結果往来。


事前予想では馬体重はわからないので普通に買い目を載せます。
最終判断はご自身でしてもらいたい。
私は負けたくないのでせめて馬体重はチェックしてから最終買い目を決めます。

本日の私の判断は合ってたと思ってます。
これが有料予想なら最終判断は1H~30m前でないと出せません。

京成杯

前走のレースレベルと追い切りから良化してる馬狙い。
一番はビターでレースレベル&追い切りでも間は空いたが良化中。
ただ指数+αでは狙いづらいので指数的に狙えるのはヒュッゲ。

1番人気の12番もレースレベルは低いが強い馬なのはわかるが過去に牝馬で勝てた馬はいない。
中山の馬場も荒れてきて華奢な牝馬に合うかな~とそれに外枠は過去からはマイナスではないが、今の中山には厳しい。

ゼノヴァも前走が強い競馬したので3番手だが、追い切りがナリばかりで温いのとDPは今の馬場には向かないのではと思うが一応押さえ。

A馬はちゃんと出れば面白い存在で馬場にも合いそうで差してきてもおかしくない。

A・8・10・12のBOXがお勧めだが狙っていくならやはり10番を軸に推したい。

買い目
A・8・10・12のBOX
10-8・12・A・6+8-A・6

3連複2頭軸
8・10-A・4・6・7・12
結果:1(A)-12-7
馬連27.6倍的中
10番は+12kだったのでBOX買いに変更。
穴推薦のA1番好走でBOX馬連的中

馬場が渋ると考え直す余地あり


新春杯

データからはレッドジェニだが追い切りもテンション上げないようなソフトな仕上げで、指数+αではかなり低くさすがに狙いづい。

13番のアフリカも外枠で追い切りもぴりっとしないし指数+αでも狙いづらい。
データ的にはほぼ1・2番人気が来てるのでデータからはどちらかが狙い目だが・・・。

今回は狙いたい馬がいないため指数+αから狙える馬の単複+ワイドをお勧め
前走1600万から参戦する人気2番人気のモズはデータからは狙える。
過去1600万・1000万から参戦で2200~2400mで1着⇒今回1・2番人気だと4回連に絡んでる。

モズは出遅れで0.1差の4着と負けてるが追い切りがかなりの負荷をかけて勝負にきてる。
狙うなら今回かもしれないので・・・

買い目


ワイド6-7・3に変更します
3連複
6・7=1・2・3・4・8・9・11・13
結果:6-4-8
ブログ予想は不適中も・・・
(モズはあれだけきつい調教にも+体重で実になってるの自信ありでしたが、7番+14K過去最高体重で余計に甘くなると踏んで。すいません私は8番応援しました笑。6からオール流しの3連複36点に変更したからです293.8倍あざ~す)

⊛この時期は馬体重の変動が大きいのでそこを見るまでは買えません。




「競馬最強の法則WEB」無料会員を募集してます興味がある方は↓↓

愛知杯は枠が明暗を分けた!!

サラキア大外で乗り方が難しくなったので押さえまで。
軸は絶好枠のセンテが有力だが勝てるかはどうか!

問題はペースが速いということで狙いは内~中枠の差し
そうなると5・6・8番有利
追い切りが良かったサラキアは先行馬で外過ぎて足を溜められるかがポイントになる

センテはわざわざルメールが小倉まで乗りに来るには馬が勝てる仕上がりということだが、少し内過ぎてルメールのどのポジションを取るのかに尽きるが、先行馬の後ろから早目に踏み込むしかない!

買い目
2-8・A・6・B・16
結果:5-6(A)-3
2番ルメール下手に乗ったね~外を回して勝てるわけがない。
結果はダメだったが穴推薦のA5番1着で穴B14番4着も2番がダメで残念

馬連なら5点で16番は押さえに回す。
Aは人気薄でも実力馬で内枠で追い切りも良かったので捌ければ2・3着はあるのでは。
Bは人気のパッシングより勝負がかってるのと、外過ぎるも好追い切りで差してくる可能性は高い。

3連複狙いなら内よりの先行馬1は入れるようにする。
レッドは外過ぎるのと騎手が少し弱く仕掛けが難しいのでどうかも3連複のヒモには押さえる!


小倉4R

ダノン軸
馬連なら相手はアステ1点(2倍以上つけば)でいけるのでは。
3連複2頭軸5=7-2.4.6.9
3連単5-7=2・4・6・9
オッズ見ながらで。
結果:2-5-7
負けが続くと3頭でいく勇気もなしでダメダメ




「競馬最強の法則WEB」無料会員を募集してます興味がある方は↓↓

↑このページのトップヘ