勝ち馬券のヒント

競馬は勝ち馬券でないと紙くず。勝ち馬券には理由がある。見るべきとこを見れる者だけが勝ち馬券を掴める。

突然の競争除外のオンパレードで明日の函館メインなんかは大半が除外でやってられない。
それも私の本命予定のシュウジと対抗のダノンとこれではやる気なし。

そこでユニコーンSのみ勝負することにします。
明日も不良~重だと思うので土曜も逃げ残りは厳しく差し&追い込みが決まってます。
記事でも書いたように不良でも差しで決まる傾向なので、やはり人気馬で仕方なし。

展開はほぼハイペースになると見てます。
内にも先行馬&外にも先行馬がいるということは前が固まりになって進むはず。
その中で1頭は残る可能性もあり先行でも抑えは必要。

軸は6番。
末足が一番で今回は真ん中で前走みたいにスペースがなくなることもないのでじっくり構えられるのではないか。
対抗は8番だがよほどの事がない限りこの2頭が堅いが、そのよほどはハイペースに巻き込まれるか出遅れくらい。8番は前走は早めに上がり6番を抑えたが今回はそういう展開にはなりにくい。
先行馬が多く潰れるならこの馬かなと思ってます。

買い方は工夫して馬連&馬単&3連単

買い目
馬連:6-8
馬単:6=A,B,10
3連単:6-8,A,B-3,8,10,11,13,14
押さえ:8-6-3,10,11,13,14
Aは差しで展開が向きそうで意外と人気がないのでこれは美味しい。
Bは待望の外枠で砂を被ることもなく+重では2勝してるのも強みで先行勢では残るのではと見てます。


A
B

土曜は東京3Rだけしようかと考えてます。
馬場悪化で芝は読みづらいしダートも軸が決まらないと購入できないが東京3Rは堅そうなので。
軸は8番でいいと思います。
追い切りも良く先行できるので紛れが少ない上にメンツのレベルが低いので案心の軸です。

対抗は11番ですが前走がー12kで中2wであまりいい感じではなくこれがこければそれなりに配当はつく。
他はどれが来てもおかしくないが調教が動いた馬を狙うことにした。
買い目
8-11,9,10,12,15
馬連&3連単で行こうと思います。

日曜は函館も天気が荒れそうでヤ重までならダノンで仕方ないが重だと小回りだし狙いが変わりそう。
レース指数5~8位が狙いどこなのでその辺りで重馬場に適してる馬は指数7位のA
変則連闘だが芝でもダートでも走れて枠もいいし逃げるだろうしチャンスと見てます。
もともと折り合い難で勝てなかったがやっと大人になってきたのと、馬場が渋ると折り合いはつくので
ここは狙い目。

もう1頭は指数でも5位で単の買いランプも少しついてる函館巧者のB
時計がかかるのは好都合で重量でも恩恵がある。枠はもう少し内なら軸でも良かったが少し外過ぎたので対抗単穴候補。

当日の馬場次第で軸と対抗を決めたいと思いますが重馬場だとちょっと面白そうで狙い目。
東京も重だがダートなので人気通りに収まりそう。

A
B

このレースは基本あまり荒れない傾向です
人気はほぼ1~3番人気
指数は連でも1~5位以内
4角は展開によるから先行も差しも両方来てる。
とにかく前走の着順が4着以内は絶対

人気はデア、デューが抜けると思うしどちらも枠次第では来る可能性は高い。

問題は当日雨で前日も雨だと重~不良の可能性もあるので、そこだけ注意するとなるとやはり逃げ。
今回は先行も多くペースは流れて逃げ&先行は残るのは1頭。
そこで先行勢のペースを比較してみる。

イメル:34,7ー38,0 1400m
サトノ:34,8ー37,1 1200m
ダンツ:36,6-37,7 1800m
ノーバ:36.7-40,0 1600m(川崎 重)

これでイメルかサトノが逃げる見込みでペースは35秒台とみるのが妥当。

昨年は重で34,8-35,2 1,35,0秒
4角4番手まで上がってきたルバンスが勝ち9番手35,6のグレートが2着。
ただし逃げ先行馬も4,5着と残ってる。

13年は重で35,6-35,0 1,36,0秒
4角7番手。2.3着は4角9,13番手の差し

09年は不良で34,3-35,5 135,5秒
4角7番手。2,3着は4角4番手の先行

過去の重~不良を参考にすると4角35秒前後の上がり35秒ちょい
4角4~7番手以内&先行を注視で差しも押さえとく。
これらを今年に当てはめるとデアフルの前走は良で上がり8番手から35,2秒で重になれば更に34秒台で上がれる可能性がある。

デューも4番手から35,6秒で重でつめると35秒前半となる+前々走1400mヤ重では13番手~35,2で差してきてる。

ニューは11番手~35,3+3走前は1400mで11番手~35,9

ノーヴァは新潟で2番手~36,6+京都1800mで1,52,2秒先行
ダンツは京都1800mで1,52,0秒逃げ
ヴァイトは東京1600mOPで36,3秒先行で1,38,7秒

ここに上げた馬は要注意で特にAは前走の負けは敢えて馬込みに入れさす経験を積んだ結果の惨敗で、今回外枠に入れば追い切りは1w前にベスト+直前も上がりを決め重の先行馬の中でも要注意な馬です。

軸候補はやはりBで動きもよく上がりが優秀で前回みたいに最内に入らなければ堅いと思います。

A
B

↑このページのトップヘ