中京記念の指数も傾向がはっきり出てる。(中京で1600m開催のみ対象)
1着5~8位が7回中6回
ただし3着までは1~8位まででほぼ来てることになる。(11~13位は2着が2回)

11~13位は差しで人気も同じく11~13番人気。
2+3着は1~3位&6~13位。
指数の順位はあまり気にせず1~3位&5~8位の中で調子がいい馬を軸にしたい。

データ

4角:2~5番手&9~13番手のどちらか又はどちらも来てる。先行+差しの組み合わせが多い。
差し差しで決まったのは1回のみ。
人気:1~7番人気でその中でやはり5~7番人気はオール連対。(11~13番人気も3連対)
重量:56&57kはほぼ連対(54k以下は2回のみ)
年齢:5・6歳(牝馬は2回のみ)
前レース&枠はあまり関係ない
着順は8着以内も二桁着順もありあまり関係ない。
前走は5・6月出走が目立つ。

ここで人気のプリを検証したい。
重量が55.5kとほぼトップ重量。過去に55,5k以上で連帯は無し。
唯一56kでドナウが4着。この馬は5才で2番人気だった先行馬。過去にはVM2着+関屋記念1着R+マイル3着と実力馬だった(4才での実績)。

プリはNHKM5着+関屋1着+VM2着と実績では同等。
違いは先行か差しかだが、今回は追い切りも抜群で重量は牡馬に対してきついがこのメンバーなら軸候補。追い切りでも栗東まで追い切りに来るほどの力の入れようで切れまくってる。
今回は特に抜けた馬もいないし上がり馬も見当たらず当然勝ちに行くはず。

次に気になる馬はカテ。
3才は連体は無し。3才馬の出走自体が少なく最高が4着。
これをどう取るかがポイントになりそうだが、53kで差しは魅力で実績ではNHKでの1,32,5が最高もここ2年は良で1,32,3前後で時計的には充分。

他では昨年3着のリライ。
追い切りはまーまーで調子が上がって来てる。先行+差しと自在だけに押さえは必要。

それよりも指数5~8位+11位くらいまでの先行馬は要注意で差しが人気馬なら人気薄の先行馬はデータ的に必ず押さえる必要がある。

人気薄の先行馬で特に追い切りがいいのは軽ハンデのA。
追い切りはここ数走の中で一番良く1w前+日曜+直前も坂で11秒台2回と切れている。前走は33,9と速いペースに巻き込まれ惨敗で、前々走は2000mで距離が長かった。
今回は52Kで時計がかかる馬場なら一発あるかもしれない。

もう1頭の先行勢で追い切りが良く見えたのはBで1w前も直前も坂で時計が速いし終いも切れてるので、人気薄で軽ハンデで時計がかかりそうな馬場向きでこの馬も要注意。

他ではミエノは牝馬ながら常に追い切りは動いてて1w前にCWで終い11,3と切れてるし、前走も自信の時計を詰めてきてる。ただ出遅れだけが心配でも雨で時計がかかればこのメンバーならチャンス有り。

今年は雨が続き馬場次第で軸は変わる可能性はある。天気は木曜~土曜まで雨予報で日曜は良くてヤ重。時計はかかる馬場になりそう。しかし先週は重で1200m1000万で1,8秒台。2000mで2008秒と中京はそこまで悪くならなそうだが切れる馬にはマイナス。重になったらプリモは55,5kでは厳しく2,3着争いになるのでは!?

A
B


[最強]ランキング読者会員登録はこちら