勝ち馬券のヒント

競馬は勝ち馬券でないと紙くず。勝ち馬券には理由がある。見るべきとこを見れる者だけが勝ち馬券を掴める。

2020年04月

その前に日曜日京都は雨が60%だと!?
良での予想してるので雨で馬場が重くなれば勝負しません。
せめてヤ重までなら京都は馬場がいいので勝負できますが・・・

天皇賞:追い切り

フィエール:昨年の天皇賞の時と比較してそれより良ければ勝ち負け濃厚。
昨年=2w前;65.5-37.8-13.6ナリ
今年=94.5-79.7-64.9-37.8-11.5一杯
昨年=1w前;82.3-66.9-38.3-13.0G仕掛け
今年=65.5-36.8-12.4ナリ
昨年=直前:82.2-66.3-37.5-12.8ナリ
今年=65.2-37.4-12.1G仕掛け
これを見れば一目瞭然で今年がいいのは間違いなくこれで負けたら諦めがつく。

ユウーキャンは昨年は休み明けだったので直近のG1JCとの比較
昨年=1w前:95.9-79.1-64-37.3-13.0一杯(OP馬1.9秒追走0.7秒遅れ)
今年:93.3-77.8-62.7-35.9-12.1一杯(未勝利1.3秒追走0.2秒遅れ)
昨年=直前:坂55-26-12.9ナリ
今年=坂:54-26-13.0ナリ
昨年とあまり変わらないが内を回ったにせよ1w前好時計の割に未勝利に遅れが少し気になる

キセキは昨年G1との比較で違う点は直前追いで珍しくラスト1fが12,1となってる。
昨年はナリで11.7が2回でほぼ11秒台が当たり前なのにどうも本調子ではないのでは!?

ミッキーは前走&前々走と比較
1w前はナリでラスト13.1~13.3に対して今年はラスト一杯で12.4
直前はほぼナリで12.3~12.9に対して今年はG仕掛けで12.0と珍しく負荷をかけてきたのでいいのでは。ただ京都外回りはどうか!

他ではトーセン・エタリ・タンビュ・ミライと人気薄もいい仕上がりだった。

今の時点では枠も決まってないが軸はフィエールマンで間違いない(良馬場なら)

ユーキャンは浜中に決まりピンとこないのはこの騎手のイメージは先行上手。
差しはどうなのか!ユーキャンを内からすくって抜け出せるのかに尽きるが、万が一大外を回しての差しになれば馬券圏内も危ない気がするが枠次第か!

キセキは追い切りから本調子ではないのかな~。
出遅れすれば武は溜めるだけ溜めて末脚に賭けるでしょう。下手に動いてももともと長距離馬ではないので捲りはしないんじゃないのかな!
普通に出れば先行するだろうがそれでも長距離には向いてないきがするが・・・

エタリは動きは良くなってるが本来の溜める乗り方が最も向いてる気がする。
それに徹しても京都の馬場は前が止まらないので向かないのでは!

メイショウは動きは良くなってるがこの馬は時計がかかってこそで京都には向かない気がする。

オセアは動きはいい。ただ間が空いてるので先行してどこまで持つかはG1メンバーでは厳しいか!

ミライは前走で復活したかはわからないが追い切りはいい。前走みたいな乗り方では通用しないのは騎手もわかってると思うので、以前の乗り方で思い切って先行すれば残り目はあるかもしれない。

タンビュは追い切りは良くなってて逃げにでれば残り目があるかもしれない。去勢明けで馬体重が極端に増減しなければ。

モズは相変わらず追い切りはずぶい。内枠に入って新春杯みたいなレースができれば面白い。

トーセン珍しく坂での最終だが1w前はしまい切れてるので出遅れが最小限なら馬券兼内だが。

ステッフはステゴ産は狙い目だが京都外回りは向いてないのでは。
シルバンはいきなりG1は厳しいのでは。

最終判断は枠が決まり当日の馬場が持てば馬単3~4点で仕留めたい。




天皇賞

過去5年の天皇賞ラップを比較してみる
〇36.0-34.5・4角7~&9~番手・上がり2・1位
ラスト800mラップ=11.7-11.6-11.0-11.9
〇35.6-35.2・4角11&3番手・上がり1・5位
ラスト800mラップ=12.1-12.1-11.4ー12.4
〇35.6-35.3・4角13番手・上がり3・2位
ラスト800mラップ=12.2-11.6-11.7-12.2
〇37.5-35.0・4角13番手・上がり6・4位
ラスト800mラップ=11.6-11.4-11.7-11.9
〇36.1-35.0・4角17~&10番手・上がり5・2位
ラスト800mラップ=11.7-11.8-11.5-12.0

昨年の36.0はフィエールマンのラップで直線1番手~ラスト34,5秒と5年で1番速い。
ユーキャンは7番手~上がり4位の5着

菊は37.2-33.9で6番手~上がり1位でフィエールマン。
ユーキャン10番手~上がり1位で3着
ラスト800mラップ=12.2-12.2-10.7-11.3

ユーキャンの阪神大賞典37.7-35.8・9~4番手~上がり1位
ラスト800mラップ=11.9-11.8-12.0-12.5
昨年の天皇賞ラップ=11.7-11.6-11.0-11.9

これを見たら阪神大賞典はスローの割に途中が速くなりしまいもかかるラップになってる上、菊と比較してもラスト400mは後傾ラップになると、ユーキャンは捲って3番手まで上がれるかに尽きる

今年の天皇賞のラップはスローになりそうで阪神大賞典とは異なるラップで推移しそうで、昨年と4年前のスローのラップと同じくラスト800m11秒台で4角1~3番手でないと勝てないことになる。

今年は逃げ馬不在でタンビュが逃げてもスローで後傾ラップになりそうでスピード&スタミナ勝負で、差しは届きづらくフィエールには追い風になりそう。

経緯からはユーキャンだがデータ&ラップ展開ではフィエールは自分でレースを作れるので分があるのでは。
後はどこまで昨年のいい時の状態に戻ってるか次第で単候補。


ユーキャンに勝てそうな穴として狙えるのは先行タイプの馬しかいない。
Aはまず逃げるとみて展開ではいかにも人気薄の穴でデータに嵌る。
問題は去勢明けで去勢すると筋肉は一時的に落ちて馬体減になるのと、5か月空いてるのが心配だが追い切りはしっかりと負荷をかけられてるのと、意外と休み明けは走るのでノーマークだと狙いたい。

キセキは出遅れなければでの話だが当てにはならないが、普通に出ると先行して粘りがあるのでピンかパー。武人気でも気性的に3200mは向かないがピンがあれば・・・。

3頭目の穴はB
京都は走るのと日経杯と日経新春杯で好走してる馬は相性がいい。父もダービーを先行して勝つくらいスピード&スタミナがあったので内枠で先行させれば狙いたい。

他はユーキャンに勝つのは難しく阪神大賞典組2・3着は差しで3着争いまで。

A
B

「競馬最強の法則WEB」無料会員を募集してます興味がある方は↓↓

天皇賞

10年の傾向ははっきりしてる。

4角1~5番手以内の勝率80%
差しの連対は4頭のみ20%(8~10番手)3着までだと6頭で20%
逃げ&3角~逃げだと5頭が連対&3着までだと7頭

枠が重要で1枠連対は5回と好数字
7・8枠も5回連対で外枠でも逃げか力があれば差しも届くが内に越したことない。

5年で前走は阪神大賞典で4角4番手以内で4頭で上がり3位以内だと3頭が連対
人気はここ3年で1番人気が2勝の2着1回&2番人気は3勝の3着1回

種牡馬ではDP・ステゴ・ハーツこの3頭でほぼ決まる傾向でキンカメは3着すらない。
ユーキャンには嫌なデータ。

リピーターレースで過去キタサン・シュバル・カレン・フェノー・ウインと5頭が馬券兼内に入り、内キタサン・フェノーが連覇と経験した馬が強い。

出遅れでは来ても3着までとトーセン・キセキにはマイナス

データからはユーキャンが嵌る。
前走は川田=キセキの出遅れ⇒暴走で内に入れてそのまま内から抜けれた完璧なレース。
キセキに助けられた感はあるのと3角からペースが上がりスタミナ勝負になったのも勝因でもある。

トーセンは7番手~上がり1位で2着でデータには入るが出遅れ癖は多頭数でマイナスで、前走は小頭数でキセキの暴走に助けられたのもあるがユーキャンに勝つのは難しく2・3着争いか。

メイショウは7番手~大外を回して3着で上がり2位でデータには入るが、差しでインをつけないのはマイナスで来ても3着までか。

ここまでのレースデータで前走阪神大賞典組でユーキャンが狙い目だが、マイナス面でキンカメの相性の悪さ春天皇賞5着&菊3着と差しの勝率の悪さもあり軸にはどうか!?






マイラーズC

土曜の芝のレースはやはり瞬発力となってるのでデータ通りに。
インディは1番は良かったがどうも追い切りのしまいが13.6秒はいくら時計がかかる坂でもちょっと要し過ぎ=重いのかもしれない。

しかし力は一枚違うので軸候補も狙いはヴァンドにしたい。
瞬発力勝負ならあまり差はないのとこっちの方はしっかり追い切られて普通に出れば好勝負。

フィアーノもデータからは狙えるがスローの瞬発力では劣るのと速いペースの方が持ち味が出る。
今回は外目で先行するかもしれない。

もう1頭はレッドで瞬発力ではヴァンドより上だが大外でどう乗るかとどちらかと言えば左回りが得意で、もう少し内枠なら1番手だったが。

ヴァルディは先行すると思うが切れないのでどこまで粘れるか。

他は8歳で休み明けで内枠なら単騎逃げが望めたが2番に逃げ馬がいるので番手からになりそうも時計があり軽く押さえまで。
もう1頭穴で内枠+叩き2走目+追い切りが目立ったので差しが嵌ればの穴A

買い目変更
馬連4点+馬単6点+3連単8点
◎1〇7▲12△11・10・2・5・A
馬連1-7・12・11+7-12
馬単1⇔7・12・11
3連単7-1ー10・11・12・2・5・A+7-10・11・12-1
結果:1-5ー7
またしてもヴァンド出遅れで大外ぶん回しじゃ~勝てん。

フローラ

スカイ軸
相手はレッドと前走500万・未勝利組で内枠の先行タイプのヒモ

買い目変更スカイー14kのため軸変更か見
馬連5点
◎11〇9▲B△7・1・2・3・4・10・12・15

馬連11-9・12・1・3・7


A
B

「競馬最強の法則WEB」無料会員を募集してます興味がある方は↓↓

基本馬連&馬単勝負で3連単はヒモを3着付けでお勧め。

東京3R

メジャーの軸は堅い。
相手は3頭ロドルは重目が残らなければ逆転まで。
買い目
◎4〇6▲A△1・3・9・13
馬連3点+馬単4点
4-6・A・1+6-4
結果:8-10-6
不的中

6R
イルミの軸は堅い
相手は初出走のグレイトは追い切りが格上に追走先着と好時計で逆転までルメールVSレーン。
買い目
◎7〇8▲B△12・2・5
馬連3点+馬単4点
7-8・B・12+8-7
結果:8-7-12
馬単3.3倍&3連単13.2倍的中レーン⇒ルメール

7R
タイキの前々走のレースはレベルが高く2・3・4・5着とその後勝ってる。3着とは5馬身差もつける。1着のプリマも相当強いがこの馬は次走ぶっちぎりで勝ってるのと順調なのと追い切りも良く軸候補。

相手は2頭前走ぶっちぎりなレッチェで時計&上がりも逃げて1位で2着には上がりで1.5秒差。
もう1頭はタイキを差し切りで勝ったプリマの三つ巴。
買い目
◎14〇10▲12△3
馬連3点
14-10・12+10-12
結果:10-3-14
残念ハナ差で14番3着も1~4着まで全て入った。

福島11R
ブログで推してたエスポが1番枠に入り微妙になったので個人的には見。
あまり気が乗らないので購入するならデータ通りの中山牝馬S上位+上がり上位の馬+サラキアのBOX
1・2・3・11・14
見で正解

A
B

「競馬最強の法則WEB」無料会員を募集してます興味がある方は↓↓

↑このページのトップヘ