勝ち馬券のヒント

競馬は勝ち馬券でないと紙くず。勝ち馬券には理由がある。見るべきとこを見れる者だけが勝ち馬券を掴める。

2020年08月

土曜小倉

開幕馬場で内枠+先行馬狙い

10R
展開は速くなりそうもレターは逃げも番手も行けるので3番で勝ち負け
対してポタは差しが5戦中4戦で上がり1位と必ず差してくるも小回り向きかは微妙も勝ち負け
3番手にブルーで前走OPで3着と相手関係では上位でこの3頭の争いになりそう。

穴はC馬でこの枠なら逃げるしかないが開幕馬場で残り目もあるのでは。

買い目
馬連
7-9・3+3-9

3連複
7=9-C・3

結果:7-9-8
馬連2.5倍的中も3連複は残念

小倉9R

ヨカヨカの前走は九州産なのに一般馬相手に1着で、2着馬の次走は大差勝ちとレベルは高い。
九州産なら勝ち負けは濃厚。

相手は前走1400mを好時計で勝ち、1200m通過は1.09秒と速く今回は逃げ残りもあるのでは。
この2頭で決まりそうだが2歳なので他も押さえてもいいのでは。

買い目
馬連&馬単
1⇒5・(8・D)
5⇒1

3連単&3連複
1⇒5⇔7・8・9・D

結果:1-9-5
ハナ差で馬連・馬単逃すも3連複3.6倍&3連単13.9倍的中でトントン

9・10Rとも単勝買っとけば良かった

C
D

「競馬最強の法則WEB」無料会員を募集してます興味がある方は↓↓

小倉記念

びっくりするくらい手薄なメンバーばかりでどの馬にもチャンスある
データでは前走OPか重賞組が好走するが準OPからも5年で1着・2着と悪くない

そこで注目するのは前走準OP勝ちのランブリングでも勝ち負けできるのではと思う。
根拠はここ2走前半34秒台前半を先行して上がりも2・3位とまとめてるのは力ある証拠。
今回は先行馬が多いので内枠でも引いて足を溜められたらチャンス。

小倉開幕週で時計も速いので時計の裏付けがないと厳しくなるが、特に目立つ馬も見当たらず調子あいい馬から狙うのが良さそう。

先行勢に勢いある馬もいないのならロードやサトノガーネットにもチャンスがあるようにも思える。
穴で狙えるのはB馬で小倉は走るし外枠引いて番手なら今年のメンバーならチャンスはある。

軸で狙うのは枠次第でランブリングが狙いどこも穴は手広く流すのをお勧めしたい。


B

「競馬最強の法則WEB」無料会員を募集してます興味がある方は↓↓

関屋記念

時計は1.32秒前後と時計の裏付けはいる
4角は逃げ先行40%&差し追い込み60%と展開一つ
馬番は10番より外狙い

上がりは1~5位60%も上がり二桁の逃げ先行も絡む
前走は中京記念が毎年(5年連続)絡む
中京記念組では2~5番人気の8着内の10番手以降の差しが良く絡むも、逃げ先行も3頭


ここから浮上馬は数頭

エントー中京記念3着・56k・9番人気・12番手~上がり3位
メイケイー中京記念1着・53k・18番人気・7番手~上がり4
ミッキーー中京記念5着・54k・7番人気・3番手~上がり7位
トロー中京記念17着・54k・4番人気・1番手~上がり×

プリモーVM8着・11番手~1.32.0・上がり4位
アストラー谷川1着・5番手~上がり2位・1.33.5

アンドーエプソム4着・7番手~上がり1位・1.47.9不良
サトノーエプソム6着・7番手~上がり3位・1.48.0不良

中京記念からはエントが56kで±0の上がり3位とデータに嵌るがメイケイは+3k&ミッキーは+2kで微妙。
トロは±0で逃げで展開次第でピンかパー。

時計面ではプリモが嵌るが休み明けで牝馬の56kはどうかだが、馬体を見る限りは皮膚が薄く張りもある。後は追い切り次第か。

もう1頭狙えるのはA馬で前走は不良で上がり1位で7戦中上がり1位は4回と切れるので馬場的には嵌るが。

今の段階ではどれが来てもおかしくない混戦で追い切りと展開次第で着順は大きく変わる。

A


「競馬最強の法則WEB」無料会員を募集してます興味がある方は↓↓

エルムS

ここはウエスターとアナザーとタイムで軸を悩んだが出来の良さと戦ってきたメンバーでウエスタン。
ポイントは捲りが嵌るかどうかに尽きる。

展開は平均ペースもどの馬も仕掛けは速く逃げ&先行勢には厳しい展開になると見込んで差し。
札幌コースならカーブが緩やかなので差しもコーナーから勢いをつけやすく嵌る可能性は高い。
タイムをマークして動けば他も動くので。

アナザーも追い切りは良く先行なので狙いたいが休み明けはそこまで成績が良くない。
しかし今回の追い切りはかなりいい

逆にタイムの追い切りが温く前回で仕上がってたとみて、そこまで上積みはないのではと思う。
この3頭が上位に来る可能性は高い。

他も展開次第で2・3着はどの馬もチャンスで穴として狙いたいのはE馬で初ブリンカー効果がありそう。
逆にリアン・ハイは追い切りのしまいが垂れててあまり調子良くないように見える。

買い目
馬連BOXかウエスターから流し
8-10-11-13

3連複
8-10・13-2・E・5・9・10・11・12・13

結果:13-8-10
馬連9.0倍&3連複26.8倍的中
推薦馬4頭中3頭が馬券圏内とパーフェクト買い目


レパード

JDD組上位のミヤジがデータからも狙い目
相手はデュード・ライトもBOX

買い目
馬連
4-7-10BOX

結果1-7-2
ブログ予想は不的中も最強ランキング予想では馬連50.6倍&3連複143.2倍的中。
最強ランキング予想:7-1・2・4・6・10・11


E

「競馬最強の法則WEB」無料会員を募集してます興味がある方は↓↓

新潟9R

アルコVSジャカの争いにブルー・プルが絡めるか。
アルコの新馬戦は負けた2・4着馬が1~2走目で未勝利勝ち
ジャカの2着馬も次走未勝利勝ちとレベルはまーまー。

小頭数で末脚勝負になりそうでブルー・プルも上がりは速くこの4頭の争いでは。
C馬の芝適正があれば逃げ残りもあるかもしれないが、追い切りではしまい切れてるので不気味さはある
ユイノも追い切りでの動きが目立つ1頭

買い目

馬連
4-8・9・1・C・10

3連複
4-8・9・1・C・10

結果:1-6-8
不的中(重で4番前に進めなかったね~)

新潟8R

ロバートの末脚は前走11番手~33.5で2着との上がり差は0.7秒もある。
今回は小頭数でスローになるとどうかもに先行勢も温い馬ばかりで差し切りは可能では。
逆転するならコマノでは。

コマノの前走は初芝で34.8-35.2で勝ってるが、けしてスローではなく1800mとしたら速いペースで先行押し切りは力ある証拠で、今回も1番人気が追い込みなら逆転のチャンスはあるのでは。
穴ならD馬で芝では結果がでてないが前走の追い切りでも抜群で今回も動いてるので押さえ程度に

買い目
馬連&馬単=気持ちは1点
6⇒3・(2)
3⇒6

3連複&3連単
6⇔3-D・2・7・8・9

結果:3-6-5
馬連4.7倍&馬単12.8倍的中(結局予定通り馬連1点勝負で馬単2点で美味しい配当だったが、重で3着に最下位人気の5番入り3連系は不発)

C
D

「競馬最強の法則WEB」無料会員を募集してます興味がある方は↓↓

↑このページのトップヘ