勝ち馬券のヒント

競馬は勝ち馬券でないと紙くず。勝ち馬券には理由がある。見るべきとこを見れる者だけが勝ち馬券を掴める。

2021年02月

阪神10R→2点の予定
1.4.8
中山10R→5点の予定
5.6.7.12.15.16
小倉11R→5点の予定
1.7.8.11.14.17
阪神11R→2点の予定
2.?
中山11R→1〜2点の予定
7.?

トータル100点か200点で中山11Rを一点か2点

難しいのは中山10Rと小倉11Rでもう一点程増やしてもいいとは思うが!
阪神、中山メインを1〜2点にすればトータルでもそんなに点数は増えない。

因みに2w前のウイン5は東西メイン一点でトータル100点以内で24万当ててます。

結果:ウイン4
中山10Rのみ外した2着には16番入ってが
小倉11Rは14番買ってただけに悔しい

阪急杯

予定通りレシス軸
相手はダノンほぼ一点だか押さえでAも予定通り。
もう一頭はトライン。

インディは押さえてもいいが追い切りがいつになく遅れてるのが気になる。
それも相手は格下で馬なりでこっちは一杯で遅れてるのはかかったか、重いかで馬連では買えない。

土曜12Rでは差し差しで決まったが、最初が32.2とかなり速く、今回はそこまで速くはならないはずで、レシスは逃げても番手だとしたら早目にふかしていくと見て、上がりの競馬になると前有利。

買い目は馬連ならレシスとダノン厚目か一点か、押さえでAとトラインの3点かどっちか。

馬連一点ならワイドをAとトライン2点買うか!

3連複は2頭軸
相手は馬連の2頭にインディに、カツジにガウディをどーするか。

結果:ミッキー来るとは!
Aジャン0.1秒差の3着で馬連も外し3連複はダノン5着で外し、唯一ワイド7.8倍的中のみ。

中山記念

ここは二頭で迷ってたが土曜の芝見てバビット軸。

ヒシは差し届かないパターンもあるので絶対視出来ない。

相手はヒシ、トーセン、ケイ、D
ケイデンスは内枠引けて岩田なら距離を待たす。
Dとウインは開幕馬場で前残りがあるかも。

クラージュは枠と開幕はマイナスで馬連は買わない。


バビットはラジオ日経だけ走れば残れる計算になる。
逃げて上がり1位は力がある証拠。

馬連はバビットから上げた5点。
3連複はバビットから流し
馬連の5点にクラをいれた6点BOXがオススメだか、絞るならフォーメーション。
ワイドはバビットからDとウイン

☆当日の馬体重とかで変更あり。
結果:8-4-13
バビットはウインにずっとプレッシャー当てられて、撃沈。
1〜3着迄馬連の候補に入ってただけに悔しい。
ワイドもウイン3着も無念!

全体的に読みは当たってるが何とももどかしい結果。

AD
最強競馬ブログランキングへ

【馬券投資ソフトの攻略法】を無料提供中!競馬最強の法則WEB


幕張S

データからは先行馬有利で4年でも7頭が4番手内での連対。
軸で悩んだのはウインカー、オール、サクラ
出来は3頭とも良し。

本来なら1番のウインカーでもいいが、外にトミケンがいるのと人気馬も先行なので楽な逃げにはならないのでは。

オールは追い切りは前走の方がいいが、抜群の安定感と叩き2走目で馬場が渋っても問題ないので、軸向きかな。

サクラも軸向きでかかりやすいので、速いペースで開幕週は最も向いてる。

この3頭が上位だか穴で狙いたいのはC馬。
元々力があるしオールにも先着してるので、馬体が少し絞れればチャンス。

ニシノは追い切りはいいが出遅れが多く、開幕馬場では差しが決まりにくいので届かない恐れもある。

スーパーも前走の末脚は良かったが開幕馬場てばマイナスも三連複の押さえ程度なら。

買い目としてのオススメは三連複2頭軸
オールとサクラでどーか!
相手は4〜5頭でウインカーが来たら安いので配分で変える。

馬連ならオール、サクラに他二頭でのBOXがオススメ。
上位2頭のワイドが3倍あればワイド一点で勝負するのもよし。

金曜の雨がとれどけ残るかと午前中の時計で判断するが、以外と時計かかるようなら、オール中心で高速馬場ならサクラ中心で馬連の構成を組んでも。

全体的に馬場とオッズ次第で買い方を決めるのがいい。

結果:1-2-11
サクラ4着で悶絶
サクラとウインカーでワイド買ってただけに
にしても時計が速いが、これで明日の予行演習になった
C
最強競馬ブログランキングへ

【馬券投資ソフトの攻略法】を無料提供中!競馬最強の法則WEB

中山記念

今年は低調なメンバーでどれが勝っても不思議ではない。

データからは前走G1組優勢で次に中山金杯1&2着馬って感じです。
狙いは先行組で15連対

人気は1〜3番人気
上がりは5位以内
枠は5枠迄が優勢

過去5年の平均ラップ
36秒ー34秒前後
ラスト平均12.0-11.5-12.0

特質はラスト2Fで一気にペースアップ
なので勝ち馬は直線3〜4番手の馬が勝つ確率90%。


これを踏まえて今年の面子を検証

逃げるバビは有馬13着も前走G1組。
ラジオ日経のラップで逃げないと捕まる。
35.4-11.9-11.6-12.3。
セントライト並みだと普通に負けるので内田次第。

連勝中のヒシ
相性がいい金杯勝ち馬だか、ここ2走ともスローの37秒台で上がり勝負での勝ち。
スローなのでラップでは2Fが最速で1Fも速い。
ポイントは前半速いラップで足が溜まるかどーか。

クラは日経新春杯3着
ラップではラジオ日経とほぼ同じで6番手から軽ハンデ馬に切れ負けで、勝ち負けの頼みはルメールだけ。
ラップではバビに劣る。

ケイは京都金杯1着で岩田の好騎乗好判断による。
スローにも恵まれたが、この馬は左回りでしか結果が出てないのでどーか!

トーセンは新潟大賞典勝ちで半年振り。
追い切り次第もバビのラップには合うが新潟ではラスト1Fがかなり落ちてるレースで少しマイナスか。

フラは白富士3着で中々勝ち切れないが、この馬もバビのラップには合う。

ウインは中山金杯3着で中山は走るが、勝ちきるには厳しそう。


中々難解のレースだかラップでの勝ち負け候補は、バビ、ヒシにB馬。
B馬は人気はないが出遅れなければ面白い。
クラは馬券対象だが勝ち負けとなると半々。

B
最強競馬ブログランキングへ

【馬券投資ソフトの攻略法】を無料提供中!競馬最強の法則WEB

阪急杯

明らかな3強で間違いない

データからは前走阪神C組が強い
ただ前走の着順はあまり関係ない
そして上がりも必ずしも1位が勝てるレースでもない。

因みに上がり1位は4連対に留まる。
理由はペースも34秒前後内33秒台は5回と、やや早めの展開になり、5番手以内で半数、10番手以降は3頭しか来ない。

上がりの目安は6番手内も逃げの上がり10位も2回勝ってる。
なので狙えるのは好位差しまで。


枠が大事で1〜3枠有利も外枠も来てる。
人気はほぼ4番人気内中心で広げても7番人気迄。


今回のポイントはレシスのペース次第

このレースの4年の良馬場での平均ラップ
34秒ラスト3F11.3-11.4-12.0〜1.20秒
1〜5番手4連対と10番手前後3連対

レシス
好走時平均33.8ラスト11.4-11.3-12.2
凡走はスローの34秒台に落とした時
この馬の持ち味はスピードの持続力
マイルより1400mの方が向くはず。

インディ
マイルでのスピードの持続力も平均ペース向き。
前走は34秒についていけなかったか、外枠もあってか後ろ過ぎた。
今回は慣れも見込めるが、平均ペース向きで33秒台だとプラスとは取れないが、内枠なら前走よりはいいと思う。
ただ高松狙うには1200m向きには見えないが。

ダノン
前走も1400mは向くと思ってたし、予想通りな瞬発力だった。
前向きな気性なので短縮はプラスで今回も内枠なら好走できる。
ラップではレシスがハイペースだと脚が残るかは微妙で、34秒ペースで足が溜まるとより力を発揮しやすいのが。

他は展開次第で一頭か残れるかどーか!
ハイペースに強い馬A。
平均ペースでは切れ負けするが、33秒台で内枠引けば残れる可能性はある。
過去にも33.3-11.4-11.5-12.0を3番手から3着がある。出来と枠とペース次第では狙える馬。

A
最強競馬ブログランキングへ

【馬券投資ソフトの攻略法】を無料提供中!競馬最強の法則WEB




↑このページのトップヘ