ジュライS

ここはクリンチャーの勝ち負けで間違いない
前走は3着を5馬身離してヴェンとの一騎打ちでもう少しの2着
時計もヤ重で1.49.7の4角では7番手~2番手まで上がってヴェンをピタリとマークして上がり1位。

アンタレスでも強豪との3着とOPならすぐに勝てる力はあるし、今回は叩き2走目で上積みあり。

相手は数頭いる中で一番はA馬。
2か月空くが2走前はクリンチャーに勝ってるのと、前走かなりの強豪揃いでゴールドの4着。
5着馬はマーチ1着&6着は3連勝馬&7着は次走OP勝ち&8着も次走OP勝ちとハイレベルだった。

A馬は前走でかなり馬体が絞れてここ3走は強豪とのレースで上がりも5位以内で、阪神は2勝でよほどスローにならない限りは馬券兼内に入りそうで狙い目。


他ではオーヴェで時計も不良で1.48.9上がり3位の叩き2走目で前走は明けでクリンと1.4秒差は厳しいが差は詰まりそう。
そのレースの3着でグレートも1.49.2上がり4位で次走マイルで好時計で勝ちあがるのと、まだ底は見せてない。

ゴールドは大型馬でも休み明けの前走はタイム差無しの3着で、2走前に破った相手はアンタレス4着。叩き2走目で先行できるし底は見せてないので上がり目しかないので怖さはある。

コマは前走クリンに1.9秒差をつけられるも上がりは2位でハイペースになれば馬券兼内。

馬場状態と展開にもよるが今の段階ではクリン>A>ゴールドのラインでびしっと決めたい。



A


「競馬最強の法則WEB」無料会員を募集してます興味がある方は↓↓