スプリンター

人気:1~3番が100%連対(9~11番人気4連対)
4角:逃げ5連対&6~9番手が高確率で連対
馬番:7番~外優勢(2~4番で4連対)

時計:1.07秒台で6回
上がり:2位~4位&逃げ7・8位


特注データ
・1.07秒台での4角⇒8-1・10-7・7-1・5-1・6-1・1-6
ほぼ逃げ馬が連対

・上がり⇒逃げ馬以外は2~4位と上がり1位が1回もない=追い込みでは届かない。

・前走⇒1~4着以内(前走マイル以外)

ここから導かれる軸候補⇒モズスーパー

モズの前半平均32.5秒で後半34.5秒でこれに勝つには8番手以内で上がり33.5秒以内で差し切る脚。

グランはどうかが気になる。
前走安田記念は3連単頭にして少数で取った好きな馬だが、上りが1位ばかりで時計もある。
しかし唯一マイナス点は前半ラップの最速が阪神Cの33.9-33.5・8番手~1.19.4.

モズの昨年の本レースは32.8&中山OP32.8&32.3
昨年は32.8で逃げ8番手のタワーの33.5の脚に敗れ2着。
ダノンはモズに首差の3着で8番手~33.7

グランは阪神C33.9から1秒以上速いペースに着いてこれるかに尽きる
高松では34.2の平均ペースで流れに乗れず12番~2着だが、今回は更に速くなる。
過去4角10番手以降から勝てたのは1回のみ。

それが連覇したレッドで本番では33.6と差し向きだった。
翌年は安田から本レースでは33.9と平均ペースで差し向き。

グランが勝てるかの確率としては前半32秒台でも10番手以内が条件で、それ以下だと厳しいかもしれない。

勝つ可能性あるのはダノンで前哨戦で今年は仕上げ過ぎてない事で余力があるのでは。

A馬の前走は度外視でダノンと遜色ないので枠次第でチャンスはあるはず。
他は勝てるチャンスはほぼなく馬場次第で2~3着争い。

A


「競馬最強の法則WEB」無料会員を募集してます興味がある方は↓↓