勝ち馬券のヒント

競馬は勝ち馬券でないと紙くず。勝ち馬券には理由がある。見るべきとこを見れる者だけが勝ち馬券を掴める。

レースの見所

<カペラのデータ>

指数:2~6位で90%(9~13位が5回連絡み)
4角:先行1~7番手が優勢でも追い込み13・14番手も3勝
人気:2~5番人気で70%(1番人気の勝率は10%&連でも20%と低い)
枠:1枠の勝率40%と高い(6~8枠で40%)
前走:霜月・武蔵・JBCスプ(霜月がやや優勢)
時計は1,9秒台~1,10前半
前半は33秒台とハイペースで逃げ先行有利も追い込みは33秒台でも35秒前半の末足がないと厳しい

<カペラの超データ>

〇前走JBCスプリントの着順とカペラの着順がほぼ一致してる&1着は無し。
JBC⇒3・7・3・3・2
カペ⇒3・2・3・3・2

〇JBCから58K⇒2着1回のみでスノードラゴン9歳&3着も1回キタサン8歳
コパノは4歳なので比較は難しいが・・・

〇追い込み13番手~が1・2着馬には実績馬のみ⇒シルクで根岸1着+プロキオン1着+FB2着&スノーは昇竜3着と常に1,10秒台で走るスピード&サトノはJBC2着馬+キクノは1400mOPで常に上位な上にカペラでは前半32,5と超ハイペースが味方した。&昨年のコパノは1200m連勝して1200m以下で負けなしの実績があった⇒テーオー・オウケン

〇勝ち馬の条件は1400mOPでの勝ち・1200mOP1,10秒台以下のどちらもあれば文句なしで過去勝ち馬の80%が該当してる⇒コパノ・ゴールド・ヒロシゲ(常に好時計)

<今年の有力馬を検証>

〇コパノ:JBCスプリント2着。昨年のカペラ1着は55kに対して今年は58kと+3k&超データでは厳しい上に、指数1位は過去1度も勝ててないのも気になるし1番人気だとどうかも、1200mだと3着以下はなしなのと追い込みでも切れるのはかなり有利。

〇ゴールド:JBCレディース2着。時計はコパノよりわずかに早いのでスピードは互角。今回は55kとコパノとは3k差は多き上に芝スタートは元々芝の短距離馬なのでプラス。コパノほどの安定感はないが前半のスピードは33秒で走れて上がりも36秒で上がり2位と脅威。

他の馬は前半33秒台で結果を残してる馬&追いこみが決まるレースでもあるので末足1位の馬を拾いたいが追いこみで勝てる馬は実力馬が多く簡単ではない。

〇ヒロシゲ:前走は出遅れで不発も中山OPでゴールドの33秒に着いて来れて2番手から2着に残れたので今回も時計でも有利。

〇タテヤマ:昨年の4着で33,4-36,5を4番手から凌いでるので相手まで。

〇テーオー:前走は34,7-34,9で7番手~1,10,5で2着とまだ底は見せてなく中山でも勝ってるのでハイペースでの差しが届くかも。

〇ハニー:前走1600万ながら良のハイペースでの追いこみが得意で前走は35-34,7で13番手から1着と、上がりは2位と1,3秒差はキレキレで今回は更にハイペースなので着いてこれたら2・3着はあるかもだが時計の裏づけはない。

〇ドリュ:前走は霜月と好相性のレースで34,9-35,4で15番手から6着。今回ハイペースで末足が更に切れたら3着候補。

〇ヒザ:1150mで連勝したように早いスピードには着いていけるし先行もできるが、時計の裏づけはないが4歳で伸びしろはる。

〇レッド:今回出走できれば面白い存在。前走は1600万だが33,2-36,4で1.098を2番手から1着&前々走は1150mで33秒台で逃げてるので早いペースには着いていけるはずで、休み明けの方が走るタイプで相手は強くなるがどこまで通用するか。

今の段階での1着馬に最も近いのはD馬で中山での好タイムと芝スタート&前半の入りが一番早いので行ききれれば勝つ可能性は高い。

2・3着候補ではコパノ・ヒロシゲ・オウケン・テーオーが上位も穴はレッド・ハニー

D


「競馬最強の法則WEB」無料会員を募集してます興味がある方は↓↓

「競馬最強の法則WEB」無料会員を募集してます興味がある方は↓↓

<阪神JFデータ1>

指数では1~4位の単は100%で1・2位で70%(連でも5位までで80%)
人気も1・2番人気の単は60%(連も80%)と軸はどっちかになる。
4角は8~12番手の単は70%と差し有利(1~5番手は連でも5頭のみ)
前走はアルテ有利で次ぐのがアイビーやファンタなどだが牡馬混合重賞組が有利。
枠はあまり関係ない1~3枠は40%と先行タイプ以外は詰まるのでマイナスか。
上がりは1~2位以内で80%

<1着馬への超データ>

〇2~3戦目が鉄則でその中でもJFが3戦目が強い。
〇1600m以上での勝ちがある事。
〇上がりは全て1・2位(過去アパパネだけ当て嵌まらないがマイルのレコードがあった)
〇4角は8番手以内で全て勝ってる馬が本番差してくる。
〇全て2着以内。
〇NF8勝&社台2勝でそれ以外は無し。
〇70%新馬勝ち
〇50%がマイルで1,34秒台で勝ってる

<この条件を今年の勝ち馬に当て嵌める>

リア:NF=DPでデータ全てに合致するので有力馬だが、前走が少し物足らなかったのは前半36,3のスローで何度か口を割って折り合いをかいてたのと馬込みの経験をさせてないこと。前走は初めて鞭を使われると反応は抜群。問題は内枠で揉まれた場合とスローで外枠に入りまた折り合いをかくのが少し不安はある。

ウーマン:ゴドルフィンでNFではないのと、時計が1,35秒台しかなく坂があるコースが未体験なのがマイナスでも、末足2走とも32秒台とずば抜けてるがフラットなコースで、反応はそんなに良くはなく長く足を使うタイプで馬込み&折り合いは心配なし。
しかし前走の2着馬は次走デイリー杯で3着&3着馬は常に3・4着とレースレベルがどうか。左回りしか経験がないのはマイナスではなく過去にもいたので問題なしで有力馬ではある

クラヴァ:NFではないのがマイナスでも牡馬混合重賞で2着と上がり33,1を2回最速で有力、前走負けた相手は次走のG1で勝ち負けな有望牡馬。
直線一旦は前に出たが牡馬の1番人気に1馬身置かれてしまうが、3着には3馬身離し負けはしたがレベルは高いレースだったし、3着馬は次走500万で強い勝ち方。馬込み&折り合いの心配もなく瞬発力が優れてる。

超データにおおよそ合致はこの3頭でこの中から必ず勝ち馬が出る。

4番手はレシスでやはり1400m以上の経験がないのがマイナスもファンタからは相性が良く、前走の時計はかなり速く先行しての前残りはこの馬1頭で、上がりも3位。
2・3着は差しだったように前半33,7とハイペースで2着に1馬伸差は優秀+前走1400mでマイル未満のレースしか経験ない馬は過去5頭が3着内に入ってて、ほとんどが先行タイプで枠次第で相手まで。

5番手はマルタは前走の2着馬が次走のファンタでレシスの2着。しかしマルタと2着馬の差はハナでレシスとは1馬伸差と差がついた。2走前のように腹を括って最後方から33秒台の足を使えればだが。時計は1,34秒台があるが上がりが物足らないので勝つには厳しく相手候補まで。

6番手はクリスで負けた相手が牡馬でG1有力馬で馬場が重だったこともあるのか1着馬に3馬伸差の2着も前走+18kと成長分があり、良で5頭には少し離れての3着ヒモまで。

穴は阪神マイル勝ちもあり先行できるロータで前走は1400mOPで重で負けたが良で内枠引けば面白い


<結論>

〇ここでデータ&超データから文句なしの軸馬はA馬で第2のアーモンドになれるか!。
前走の時もブログでNFの将来有望馬の取り扱いで書いたように、レースを使わずNFしがらきで成長を促しながら鍛えるパターンは数頭しかおらず、この馬もその1頭でそれだけ期待されてると言う事ですのでここはあっさりかもしれない。

〇逆転ならやはりB馬が有力で前半35秒台で上がりも33,1と最速で本番が35秒を切る展開が多く、スローの上がり最速より少しでも速い前半の経験はプラスなのと、時計も最速でレース上手でマイナスポイントがないので枠次第では逆転まで。

阪神マイルで新馬勝ちはトータル3頭で内2頭がこのA・B馬。

もう1頭のウーマンズは騎手も強化してスローで最速の末足はAにとっては脅威になるも坂が初めてでどこまで切れるか。

上位3頭の争いにC馬が枠次第で今の阪神は馬場も良く時計が速いので展開で2~3着もありうる。

5頭で決まる可能性はかなり高いと見てますが枠次第でもう1頭。

*お知らせ記事で仲間を募集してますので詳細は1個前のブログの記事を読んで下さい


AB
C


[最強]ランキング読者会員登録はこちら

チャレンジC

2000mと1800mで半々なのでデータは2000mから。
指数:1・2位100%(2着には3~7位)
人気:1・2番人気100%
4角:1~5番手100%
年齢:3~5
枠:3~7
時計:1,58~1,59
上がり:1~3位

今年は面子はそこそこ揃ったがどの馬も甘い馬ばかりで、信頼できる馬はいない。
人気もわかれて絞りづらいレースになりそう。

ブラック:人気するだろうがこの馬は逃げると想定で前半36秒台で行けないと勝ててない。6歳はマイナスで休み明けも結果無しで時計も1,59秒台なう上に、今回はベステなど先行したい馬もいて楽逃げではなく相手まで。

ステイ:2000m専門で阪神も走るがとにかく甘いので常に2~4着で勝ちきるにはよほど上手く乗らないと厳しく、今回は中2Wで前走はー10kで過去最低体重と上積みは期待できないので押さえまで。

ロードマイ:4連勝中な上にルメールで人気するだろうが、マイル~1800m中心で2000mでの勝ちは無し。過去にはミッキーが2000m勝ち無しで1800m中心で時計が常に145秒台で勝ち負けしての1着で、ロードは1,45秒台は1回でマイルは好時計があり時計的に通用するので有力な1頭。

ギベオン:鳴尾記念ではブラック・ステイとクビ差の4着もスローの出遅れ&毎日ではインディに0,2秒差の7着と強い相手に善戦してて今回は少し面子も落ちるし鳴尾記念の中では可能性は高く有力な1頭。

ブレス:前走は準OP1着でもセントライト4着もレイエンダに0,2差&プリンシバル2着。2000mでは1,58秒台が3回と時計的には通用する。過去にはサトノがセント3着&京都新聞2着&ラジオ6着で本R1着だった。ブレスは今回2ヵ月半ぶりな上に関西に初遠征が少し気になるも有力な1頭。

他ではケイアイが天皇賞9着から参加するが追いこみは厳しいのでどうか。
テリトーはカシオペア1着からでも上がりと時計面で少し厳しいか。
ベステは1800mOPを連続2着も7歳で時計面で厳しいか。

今の時点ではA馬が有力で時計&1w前追い切りも良く開幕馬場で時計は重要で、平均ペースになりそうなのもプラスで内枠で期待。
もう1頭はB馬で距離が長くなっても〇〇〇騎手ならうまく押さえて切れそうで怖い1頭。
ギベオンも有力で今回は甘い馬が多く混戦で勝負できるかは未定。

A
B


[最強]ランキング読者会員登録はこちら

データ検証1ではクリソにマイナスポイントがありデータでは勝てないと出ましたが、ここで勝つなら当面負けることはないでしょうが、川田も相変わらず乗れてないので負けるなら今回と見てますがどうか・・・

中京コースでの勝ち馬の共通項目は過去に古馬混合G1で1着がある事が最大のポイントで、それも地方交流G1だと更にいい。

<今回条件に合致するのは4頭>

〇インティ:フェブラリ勝ちだが前走5着以内でないと勝ててない。前走は芝並みの34,9の入りで馬鹿みたに人気馬がハナ争いしてて、一歩それぞれが引けば済む話なのに騎手が悪い。
インティが走る条件は1800m以上では前半36秒台で抑えると可能性がある。
前々走も35.8の入りと2000mにしては速い流れで失速。
東海Sの36.9は遅いペースで完勝したように、そのペースで走れるかに尽きるし前走は度外視しても今回はすぐ後ろにロンドン・前走小回りで速めに先頭に立ったチュウワ・そしてクリソが控えてるので、前半は平均でも息はいれにくい展開になりそうで押さえまで。

〇チュウワ:JCD1着も前走は小回りで相手はオメガのみで小回りと展開に助けられた勝ち、完璧な乗り方で勝った。オメガと勝ち負けをしてる馬で3着を外してない堅実な馬な反面そこまで切れる足はなく、前走のように早めに押し上げる戦法を取らないと勝てないので先行勢はインティ・クリソといるだけにどこまで持つかで有力候補。

〇オメガ:東京大章典+帝王賞1着。しかし左回りでの勝ちはなく前走小回りの左回りで2着惜敗と対応はみせたが、手前を変えないのも確かで1800m以上での馬券圏外は左回りのこのレースのみ。
やはり懸念は左回りでは得意ではないと言う事。
ハイペースになれば必ず差してくるが今回は平均で直線である程度のポジションにいないと前も簡単にはばてないのでデットリー次第で有力候補。

〇ゴールド:フェブ・チャンピオン・かしわ・帝王1着の6歳馬。前走の南部杯では格下の3着と完敗。
しかし小回りは不得手で南部杯での勝ちは過去もなく南部杯の次走は1・2着と叩きなのかもしれない。
3歳のこのレースでは12着・4歳で1着・5才は不参加。
3歳の惨敗は前のレース武蔵で休み明けで1,34,0のレコードの2着と走る過ぎた2走ボケだと思う。
その後2ヶ月開けてフェブラリー1着と左回りは走るも得意はマイルも1800mも守備範囲で有力候補
6歳馬は中京コースで好走してるし先行馬の後ろ中段にいればチャンス。

他は勝つには厳しく3着争いまででも穴で狙いたいのはBで前走は展開も嵌まったが、できはイマイチだったのに好走と力はあるし、昨年も〇着だし2走目で更に上積みあれば追いこみが決まるかも。

今の段階で軸はA馬。一番人気にはならないと思うし1w前追い切りも良く後は枠次第で決まり。

A
B


[最強]ランキング読者会員登録はこちら

先週までで今月のプラスは確定してレースの精査&予想が毎週理想に近づいてる。
後一押しは甘さ=川田ばりの甘さから抜ければ回収率が更に上がると確信してます。
今週は重賞が3Rで大変なので月曜から初めてます。

1Rにはまずレースのデータ分析⇒1着馬の分析⇒気になる馬は過去の勝ち馬とのデータの照合で判断。
これでおおよその残れる馬が絞れてそこから更に絞る⇒2~3頭残る。
次に2~3着に入れる馬の分析と比較で数頭に絞る。

追い切り&指数&展開&枠で軸馬の確定&相手も確定の流れです。
G1だとそれなりの時間がかかり、他の重賞も同じ手順で選出するので丸1Wかかります。
前日までにおおよその買い目(ブログ用)=多少多めに買い目を出し、当日は個人的な買い目を絞るので当日までギリで買い目が決まるので、個人的な買い目はブログより絞るので、無料ブログなのでアップする事もありません。

<チャンピオンズCのデータの検証>

指数:1~3位の単は60%と連では100&でほぼこの中から連軸候補が決まるが、連では4~8位も70%で来てる
人気:1番人気は単で30%(連で60%)しかし5~8番人気の連は90%と高い。

ここからは中京開催の5年のデータ
4角:先行と差しで互角の逃げは無し(10番手以降からの連は5年で4頭もいる)
前走:南部杯&JBC&武蔵・みやこ
着順:5着以内
年齢:3~6歳(中京開催では6歳が4頭)
枠:2~5

<このデータで今年の出走馬を検証1>

一番人気になりそうな3歳無敗馬クリソは過去3歳で勝てた馬昨年のルヴァンスと比較。
大きく違うのがルヴァンスはJD3歳1着の後に古馬混合G1南部杯でゴールド(トップレベル)を下し好時計で勝てた事と35秒台での経験があった。

過去に3歳で2~3着まで入った馬はJD3歳好走の後、武蔵で1着1.34秒台と好時計(後のFB1着馬を下す)&1800mOP以上で1.49秒台好走馬で(後のJCD&古馬混合G1で1着馬に0,1秒差の3着)。
G1レベル相手との戦いか1.50秒を切る時計の裏づけは欲しい。

要は勝てた3歳は1頭で古馬混合G1で1着の実績があること。
2~3着までに入るには古馬混合OP以上で好時計で走った実績があることが必要。


〇クリソは無敗馬でそこはルヴァンスに匹敵する。JD3歳1着も時計も似てるが日本TV杯ーJ2古馬混合で1着も相手がG1で好走してる相手ではない1枚落ちレベルに4馬身先着の1.52.1(地方でヤ重)。
それとJD3歳の2着馬でクリソに3馬身差をつけられての2着馬は、後のG3レパード2着&古馬混合G3で2着(1着はグリムでG2・3レベル)。

3歳ではずば抜けて強いが時計の裏づけがないのもマイナスなのと、早いペース35秒台での経験がない。
やはり古馬の一線級とのG1での実績がないと素質だけでは判断難しく、データからは軸には推せないも馬券圏内の可能性はある。




↑このページのトップヘ