勝ち馬券のヒント

競馬は勝ち馬券でないと紙くず。勝ち馬券には理由がある。見るべきとこを見れる者だけが勝ち馬券を掴める。

追いきり

エルム好調教馬

1位:ウエスターで特に1w前にダで63.8-12.2ナリと速いし切れてる。直前もしまい切れてるので仕上がってるので、捲りが決まれば一発あるが乗り方次第では脚を余す可能性も。

2位:B馬で初ブリンカーで集中して走れそうなのとしまいも切れてるので、タイミング一つ。

3位:C馬でダートでのしまいの切れは一番で先行なので小回りについていければ面白い。

人気のタイムは軽いのが気になるし、前回で仕上がってたならそこまでの上積みはなさそうも、牧場で乗り込んできてると思うしデータでは軸向きだがどうか?

エアも軽すぎてやはり2走ボケが気になる

狙ってたハイもナリばかりでしまいがかかってて、軸には推せないか!

アルクはナリだが好時計でそこそこ仕上がってそうだが、左回りでしか走らないのがどうか

ロードもいい追い切りで穴として押さえは必要かも。

追い切りでの感想はいい動きの馬は追い込み&差しが多くデータからは狙いにくい。
しかし上位馬も自信をもって推せないのもあり軸は難しくなりそう。
追い切りではウエスターB・C馬は調子がいいのは間違いないでしょう。

B
C

「競馬最強の法則WEB」無料会員を募集してます興味がある方は↓↓

クイーンS:特注追い切り馬


数頭抜群な追い切り馬がいます。

ビーチもレッドと芝で合わせて先行先着と時計もまずます。
1w前は坂で普通だったのが仕上がってる。

サムシングは1w前は坂でまずます。
直前は牝馬でも芝で5Fから超抜群な追い切りを内を回ったにせよ、見た事ない数字で5F60秒を切って59.7-12.3ナリで動いてきた。休み明けだがナリでの時計でよほど調子がいいのと体は出来てると見えたので、武次第。

C馬も芝で追い切られ6Fから追い切られしまい11秒台で切れた。
1w前もWでしまい切れてたので差しが怖い1頭でよほど北海道が合う印象で相手候補には必ず入れる。

D馬は追い切りだけなら1番の穴馬で2w前は美浦wで凄い時計をナリ。
1w前は芝でしまい切れて、今回も芝でナリで62.5-11.6とサムシングに次ぐ好時計を出した。
ピンかパーなので複は購入したい。

人気どこではスカーで1w前にCWで好時計で今回はwでまずますといったとこ。
フェアリーもまずまずといった感じの追い切り。

オールフォ・コントラもまずまずで枠次第で押さえは必要。


枠と並びで決めるが牝馬の56k組の取捨が問題で過去56kは1-0-1-4で勝ったのは好時計で秋華賞アーモンドの2着&阪神牝馬1着のミッキー(先行)のみ。
スピードがないと厳しいことになる。

フェアリー&スカーも時計&実績はあるが他の好調教馬もいてかなり難しいことになりそう。

好追い切り馬のサムシングにC・D馬は枠次第で複はお勧めで必ず1頭は馬券圏内に入りそうで、そうなると少し荒れるのでは。

C
D

「競馬最強の法則WEB」無料会員を募集してます興味がある方は↓↓

プロキオン

データからもイチオシだったラプタスの追い切りが芝!?
それも間空いてて短距離馬が芝で追い切る理由は?

坂が定番でナリで52-12秒台を普通に出してくる馬なのに、今回重賞で間隔空いてるのに芝で負荷がかかってるのか不安

軸にする予定だったが微妙になってきた。
坂も雨で力がいる下地で芝に切り替えたのかな~と推測するが・・・
1W前に見習いで坂で強めに追われて時計を出して既に仕上がってたのかならわかるが・・・

逆に良かったのがレッドは時計は速くはないがしっかり追われてて1w前に不良で時計を出してるのでよく見える。
記事でも触れたがゲートの出次第が一番のネックだが・・・

サクセスは木曜追いでまずまず

他でいいのはダノン&スマートダンディー&サンライズは不良で坂で軽快な動きで要注意

その前に日曜日京都は雨が60%だと!?
良での予想してるので雨で馬場が重くなれば勝負しません。
せめてヤ重までなら京都は馬場がいいので勝負できますが・・・

天皇賞:追い切り

フィエール:昨年の天皇賞の時と比較してそれより良ければ勝ち負け濃厚。
昨年=2w前;65.5-37.8-13.6ナリ
今年=94.5-79.7-64.9-37.8-11.5一杯
昨年=1w前;82.3-66.9-38.3-13.0G仕掛け
今年=65.5-36.8-12.4ナリ
昨年=直前:82.2-66.3-37.5-12.8ナリ
今年=65.2-37.4-12.1G仕掛け
これを見れば一目瞭然で今年がいいのは間違いなくこれで負けたら諦めがつく。

ユウーキャンは昨年は休み明けだったので直近のG1JCとの比較
昨年=1w前:95.9-79.1-64-37.3-13.0一杯(OP馬1.9秒追走0.7秒遅れ)
今年:93.3-77.8-62.7-35.9-12.1一杯(未勝利1.3秒追走0.2秒遅れ)
昨年=直前:坂55-26-12.9ナリ
今年=坂:54-26-13.0ナリ
昨年とあまり変わらないが内を回ったにせよ1w前好時計の割に未勝利に遅れが少し気になる

キセキは昨年G1との比較で違う点は直前追いで珍しくラスト1fが12,1となってる。
昨年はナリで11.7が2回でほぼ11秒台が当たり前なのにどうも本調子ではないのでは!?

ミッキーは前走&前々走と比較
1w前はナリでラスト13.1~13.3に対して今年はラスト一杯で12.4
直前はほぼナリで12.3~12.9に対して今年はG仕掛けで12.0と珍しく負荷をかけてきたのでいいのでは。ただ京都外回りはどうか!

他ではトーセン・エタリ・タンビュ・ミライと人気薄もいい仕上がりだった。

今の時点では枠も決まってないが軸はフィエールマンで間違いない(良馬場なら)

ユーキャンは浜中に決まりピンとこないのはこの騎手のイメージは先行上手。
差しはどうなのか!ユーキャンを内からすくって抜け出せるのかに尽きるが、万が一大外を回しての差しになれば馬券圏内も危ない気がするが枠次第か!

キセキは追い切りから本調子ではないのかな~。
出遅れすれば武は溜めるだけ溜めて末脚に賭けるでしょう。下手に動いてももともと長距離馬ではないので捲りはしないんじゃないのかな!
普通に出れば先行するだろうがそれでも長距離には向いてないきがするが・・・

エタリは動きは良くなってるが本来の溜める乗り方が最も向いてる気がする。
それに徹しても京都の馬場は前が止まらないので向かないのでは!

メイショウは動きは良くなってるがこの馬は時計がかかってこそで京都には向かない気がする。

オセアは動きはいい。ただ間が空いてるので先行してどこまで持つかはG1メンバーでは厳しいか!

ミライは前走で復活したかはわからないが追い切りはいい。前走みたいな乗り方では通用しないのは騎手もわかってると思うので、以前の乗り方で思い切って先行すれば残り目はあるかもしれない。

タンビュは追い切りは良くなってて逃げにでれば残り目があるかもしれない。去勢明けで馬体重が極端に増減しなければ。

モズは相変わらず追い切りはずぶい。内枠に入って新春杯みたいなレースができれば面白い。

トーセン珍しく坂での最終だが1w前はしまい切れてるので出遅れが最小限なら馬券兼内だが。

ステッフはステゴ産は狙い目だが京都外回りは向いてないのでは。
シルバンはいきなりG1は厳しいのでは。

最終判断は枠が決まり当日の馬場が持てば馬単3~4点で仕留めたい。




追い切り

大阪杯

クロノ:前走と同じでエリザエスともほぼ同じだが、中間は今回の方が明らかにいいしCWでのしまいの数字がオール11秒台とエリザベスよりいい◎

ダノン:直前は前回とほぼ同じWの内を回り伸ばす。1w前が6Fから追いしまい12.5に対して前走は5Fからでしまい11.7と切れは前走が良かった。ただwで追えてるのはプラスで前走でほぼ仕上がってたので横ばい〇

ブラ:前走とほぼ同じで6Fか5Fの違いで1w前は前走の方が少し良かったように思う。昨年は直前は好時計だったが今回は一叩きしてる分いいのでは〇

ラッキー:直前は前走とほぼ同じでエリザベスともほぼ同じ時計だが、1w前は前走はナリに対し今回は一杯に追い好時計でしまいも伸びる。これはエリザベスと同じで1w前の負荷の時計もほぼ同じ◎

ワグ:直前はここ2走とほぼ同じで坂でそこまで時計は出さないししまいもかかってる。1w前のP追いは前走も同じだが今回はしっかり時計を出すも未勝利に遅れ。2走前の天皇賞ではPは無しでCWでの追い切り。昨年の1w前は芝とこんな感じの調整でいつも通りだが、ダービーでは責め強化しての1着で△



ダービー卿

プリモ:1w前に6Fから時計を出ししまいも切れてる。直前は末だけ伸ばすも日曜も坂で強めに追ってるのでいいのでは。昨年は4Fからで末を伸ばす。前走は6Fから追って末を伸ばして日曜も坂で時計をを出してるのでほぼ同じで〇

マイ:いつもは直前坂で末をナリで12秒前半で延ばすのに今回は一杯で12.9と伸びてない△

ジャン:今回はいつもと同じく坂で好時計で末も11秒台とほぼ同じでき〇

ストーミー:前走とほぼ同じで調子落ちはない〇


↑このページのトップヘ